200810-05.jpg
○カークリコ 20枚
○ススキ 25本
○リンドウ 15本(紫・薄ピンク)
○スプレーマム 20本(グリーン・ピンク)
○ルスカス 15本
レッスンのため、ディーズのドアを開けると、
松尾太一。先生の声で、
「今日の花材は難しいぞぉ~」とスタッフの方と
話しているのが聞こえてきました。
えっ?どんな花材?と少々不安になりながら花材を
見ます。
この葉っぱ、今まで一度も使ったこと無い!
カークリコです。
名前は知っていたものの、実物を手にするのは初めて。
全体的には、日本の秋の花材。
これをどうアレンジしていくか。。。
先生から少しアドバイス。
「カークリコは、加工のしようがない葉。」
丸めようと思っても折れてしまうし、穴を開けたすると
縦に裂けたりするし。
カークリコの葉を持ちながら、花器を考えます。
そして、ガラスの試験管を3本立てたような器を全部で13個
使ってディスプレイすることにしました。
200810-06.jpg
カークリコの葉の面を生かして、ガラスの器に挟み込み、
葉の先の跳ねる感じで少し遊んで。
カークリコから、絶妙なラインを持ったリンドウを出します。
残りのリンドウはカークリコの影から見え隠れするように。
そしてスプレーマムは、花を固めて色のアクセントを置くように。
ススキは、穂先の「ふわふわ」感のみを使って。
200810-07.jpg
最後にルスカスが残ってしまって、少し困りました。
これをどうしようか?
普通に花の下に敷き詰めては面白くありません。
それにここまで仕上がった作品が、そんな風にルスカスを
入れることを拒んでいます。
そこで、ガラスの器の中から外に逃がすように入れてみました。
日本の秋・・・だけど、カークリコの面が主張して強い印象の
作品となりました。
200810-08.jpg
全体的になんとなく、さらっと仕上がったのかしら?
今回の作品を作りながら、なんとなく
「もっとがっつりとオブジェっぽいものを作りたいなぁ~」と
創作意欲がわいてきたレッスンでした。
最後に、このコース、ご一緒している方の作品もご紹介します。
同じ花材でも、まったく違ったものができあがる・・・
200810-09.jpg
お花って面白いです!!!