200809-03.jpg
●セダム 30本
●けいとう 70本(細いかわいらしい秋色)
●利休草 30本
●パニカム 30本(乾燥している)
まるでカリフラワーのようなセダムが30本も。
ピンクだから、カリフラワーとは間違いませんが。
花材のボリュームだけでもインパクトがあります。
けいとうは、秋色の細い流れるようなやわらかい感じです。
セダムの花の塊をさらにギュッとまとめて、ぼこぼこの
塊をいくつも作っていきました。
セダムの素材感をさらに強調です。
花器はガラスを選び、ガラスから透けて見えるところも
楽しもうと。
セダムをまとめていると、松尾太一。先生に
「すでに頭で絵が描けているね!」と言われました。
確かにセダムと利休草での絵はかけていたのですが、
ケイトウとパニカムについては、まったく絵がかけていなかった
のでした。
正直「どうしよう。。。」と。
200809-04.jpg
背の高い細いガラスの花器の一つに、セダムのステムに利休草をからめるようにして
入れました。
花器の口のところは、利休草の上にセダムの塊が浮かんでいるように。
200809-05.jpg
もう一つ、まぁるい大きい口のガラスの花器には、より大きくしたセダムの塊を
ぼこぼこと入れました。大きな口からあふれるように。
その周りを利休草で。
岩のようなセダムに負けないように、グリーンの塊も。
とここまでは、ほぼ頭に描いていたとおりでしたが、あとはケイトウとパニカムです。
ケイトウを手に取り、一本一本を眺めていたら、
「そうかぁ、これもブーケみたいにまとめて見たら・・・」とひらめき、
70本、すべてを一つにまとめました。
これが意外ときれい!!!
ステムの黄色とオレンジが混じった感じがまたきれい。
でも、これをどうするか。
もう一つのガラスの細長い花器に入れました。
ステムの一部を隠すように、パニカムの穂先をだんだんにして
ケイトウのステムに添わせました。
最後にそれぞれの花器を利休草のつるでつなげて。
小さなセダムのぼこぼこを、大きなガラスの器から零れ落ちるように
添えました。
200809-06.jpg
自分でもなんとなく、ケイトウはまったく絵がかけていなかったけれど、
でもなんとなく、思い通りにできた、そんな感じでした。
先生には
「意表をついた使い方したね。」
「生の生きているお花だけれども、でも生命力を感じさせない、そんな作品。」
「ケイトウのブーケ、これ、こんなカツラあるよね~。シンディーローパーとか
 かぶっていそうな。。。」
最後にわらってしまいましたが、
んっ、確かにこんなカツラあるよね。