○レースフラワー 20本
○スプレーバラ 30本
   赤(タマンゴ) 10本
   オレンジ(マカレナ) 20本
200804-01.jpg
今回の花材は、非常に難しい花材。
(先生曰く、テストにしてもいいくらいかもね・・・と)
一見シンプルで簡単そうだけど、でもどうにでも作れる・・・という
ところが、逆に難しい。
レースフラワーは、大振りなしっかりした感じ。
ステムを活かしても、短くしても、きゅっとまとめても。
私は、大振りなしっかりしたところをそのまま活かして
使おうと決めました。
スプレーバラの赤は、スプレーというものの、結構大きな花で
茎もしっかりしています。
オレンジは、赤に比べると小さな花。
赤とオレンジの色は、混ぜるとなじまないということで、これは
それぞれ、役割と使い方を決めて。
レースフラワーの白から透けて見える赤もきれいです。
そこで、シルバーの丸い浅めの花器を選んで、オアシスを
2/3。高さを調整して、ピックで留めました。
レースフラワーの塊を上の方に丸く作って、そこから下に
流れるように。
その影から赤のスプレーバラを覗かせ、オレンジのスプレーバラで
埋めていきます。
足りないところは、バラの葉をうまく使って。
200804-02.jpg
200804-03.jpg
生けているときも、「名案です!」といっていただきましたが、
講評で、「完璧です。でもちょっときれいに作りすぎたかな。」と。
そう、きれいに作りすぎた・・・というのは、自分で生けているときに
感じていたことです。
だから、言われて当然。
フリースタイルコースも5回目が終わりました。
毎回楽しいレッスン。これからも期待しています。
そして、今回ちょっとおまけが。。。
不覚にも、スプレーバラをカットしているときに、なんと自分の
小指まで「バツンっっ」って切ってしまったのでした。
カットバンでなんとか止血しましたが、帰りの電車の中で様子を
見ると、まだまだ血が流れてきます。
これはまずい・・・、帰ったらお医者に行こう。。。
でももう時間外になってしまう。
救急で見てもらえるお医者に電話しました。
「今も血が出ていますか?」と聞かれ、カットバンを取ってみると、
電車の中で見たときよりも少し止まっています。
その様子を伝えると、
「ガーゼを当てて、様子を見てください。2時間くらいして
まだ血が出てくるようでしたら連絡してください。または
明日外来においでください。」と。
とうことで、ドラッグストアで治療道具を買い込み、家で
治療を。
これでなんとか治ってくれると信じて。
自分で自分を切るなんて。。。
ちょっとドジなことをやってしまった(笑)